最も多い性機能障害の要因

最も多い性機能障害の要因

性機能障害という名称は差別につながる言葉として徐々に使われなくなり、最近ではEDや勃起不全と言われることが一般的になってきました。

現在では40代から50代の男性の約半数が性機能障害で悩んでいると言われています。
かつての性機能障害のイメージは加齢によるものだったり高齢者に多い病気というものでした。

しかし、現在20代から30代にかけての若年齢層の男性の間で性機能障害の数が増加傾向にあるそうです。

このことからも分かるように、今では性機能障害は年齢に関係なく誰にでも起こり得る病気として認識されるようになっています。

性機能障害は精神的なものが非常に大きく影響します。

したがって性機能障害になってしまう一番の理由は男性としての自信を失ってしまうことだと言われています。

ただ、現在そのほとんどの性機能障害が治すことができる病気であるとされています。

バイアグラやレビトラ、シアリスなど今では性機能障害にとても効果的なED治療薬が揃っているからです。

これらは世界中で使用さている治療薬でかなりの確率で効果があるとされています。

しかもこれらには即効性がみられますので、勃起できる体であるということを認識させれば男の自信を取り戻すきっかけになるとおもいます。